🎠 新着 競馬予想3連複情報

サンキタ・400.gif

サンキタ!〜3連複利益強奪大作戦〜
本命サイドから万馬券まで3連複で堅実に利益獲得を狙う競馬ノウハウです。
◎発売日:2017/09/29

【救済馬券セオリー2】藤崎優哉の負けない馬券戦略
馬券が当たる可能性が高く、配当が高いレースに絞り込む事で競馬回収率が上がる



NHKマイルカップ2016予想!過去のデータから穴馬としてこの馬を紹介

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開


早速、NHKマイルカップ2016のレース展望をしていきたいと思います。
今年のNHKマイルカップは難解な1戦となりそうですが
ここでは4頭に注目していきたいと思います。


1.メジャーエンブレム

競馬予想をするうえで1番難しいのはおそらく本馬の取捨だと思います。

断然の1番人気に推された前走の桜花賞では
いつも通りの逃げが打てず4着となりましたが
私はスタートして逃げられなかった瞬間に「終わった」と思いましたので
よく4着まで来たなというのが本音です。

おそらく今回は逃げに徹すると思いますし、
逃げにこだわりそうなのがシゲルノコギリザメくらいだと思いますので
展開的にもチャンス十分だと思います。

又、斤量的にも背負いなれた55kgなのに対して牡馬は57kgと恩恵を受けますし、
同コース同斤量のクイーンCでの1分32秒5は優秀ですので
少々大逃げくらいに逃げてほしいと思います。

押さえと本命を上手に買うことが救済馬券セオリーの真骨頂です。


2.ロードクエスト

牡馬勢の中ではロードクエストに人気が集まりそうです。

本馬はデビュー2戦目の新潟2歳Sで圧勝し期待されていましたが、
その後は未勝利だが左回りのマイル戦に戻る今回は期待してみたいですね。

又、昨年の覇者クラリティスカイや
2007年2着のローレルゲレイロ
2008年2着のブラックシェル
2014年3着のキングズオブザサン
といった前走が皐月賞だった馬が好走しやすいレースであるので
更に期待出来ると思います。


3.ダンツプリウス

牡馬勢の中で最近の安定感から言えばこの馬だと思います。

東京コースは初めてだが初勝利を新潟で挙げたこと
そして前走のNZTで勝利、
2走前のアーリントンカップ2着
と左回りとマイルと言う事で初めてのコースでもそんなに心配しなくてもよいとは思います。

私はこれまでに10戦戦ってきていることで少し割り引く必要があると考えています。

ここ10年で10戦以上の馬の勝利はおろか3着にも入っていない状況だからです。

この点が気がかりですが、
力がある点は認めざる負えないのでヒモぐらいが妥当ではないかと思います。
可能性が低いと思っても押さえておく事が重要です。


4.エクラミレネール

ここまで上位人気が予想される3頭を見てきましたが
最後に穴馬としてこの馬を紹介したいと思います。

ここ10年で2007年に17番人気の低評価だったピンクカメオの1勝に加えて
昨年のアルビアーノの2着の2頭が3着内に入っているのですが、
同じ牝馬であるエクラミレネールには良いデータがあります。

まず一つ目は菜の花賞を勝っていることです。
実はピンクカメオも菜の花賞の勝ち馬なのです。

又、前走NZT3着と言う事でこちらは
2006年のロジック
2009年のジョーカプチーノ
2011年のグランプリボス
の3勝と意外と買っているのです。

又、大野拓弥騎手の初G1勝利と言えばスノードラゴンで
その馬主は岡田牧雄氏でしたが、
今回も同じコンビであるので勝負なのかもしれません。
(吉崎 佐次郎さんのメールより)


救済馬券セオリー・1.PNG
公式サイトはこちらから

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開
公式サイトはこちらから


発行者:吉崎 佐次郎

救済馬券セオリー 詳細

天皇賞春2016データ!キタサンブラック武豊騎手ハナ差で優勝

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開


5月1日に京都競馬場で第153回天皇賞春が行われました。

武豊騎手騎乗の2番人気キタサンブラック
1度は13番人気カレンミロテックに交わされるも
差し返しハナ差で優勝しました。

又、そこから1馬身1/4差の3着には3番人気シュバルグランが入り
三連複は32350円の高配当となりました。

結果的には終始ラチ沿いを走っていた3頭で決まりました。

今回、菊花賞から更に200mも伸びるのでキタサンブラックを少し不安視しましたが、
枠も1番枠、そして途中で激しいマークを受けずに
マイペースにレースを進められたのが勝因だと思いました。

ここまでのキタサンブラックのレースぶりを見ると
距離がある程度あった方がゆったりと走れるので
良いのではないかと感じています。

2016年・天皇賞春.PNG
2016年・天皇賞春

又、同日香港ではチャンピオンズマイルが行われ、
昨年の年度代表馬であるモーリス
香港の名手J.モレイラを背に2馬身差で快勝し、
日本と香港のマイルG1完全制覇を収めました。

レース前の現地の記者は前回香港で走った時よりも重く見える
と言うように厳しい意見もありましたが
ふたを開けてみれば快勝しましたので
これからどこまで連勝を伸ばせるのかが楽しみです。
(吉崎 佐次郎さんのメールより)


救済馬券セオリー・1.PNG
公式サイトはこちらから

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開
公式サイトはこちらから


発行者:吉崎 佐次郎

救済馬券セオリー 詳細

天皇賞春2016予想データ!穴馬は過去3連勝しているこの産駒

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開


いよいよ今週末、京都競馬場にて第153回天皇賞春2016が行われます。

このレースは2010年のジャガーメイルや2012年のビートブラックなど
波乱傾向にある競馬レースだといえます。

今回は出走予定馬の中から
3頭の注目馬について紹介していきたいと思います。


ゴールドアクター

おそらくこの馬が天皇賞春の1番人気になると思いますが、
昨年は有馬記念を含む重賞2勝、
4戦4勝で前走の日経賞も勝利し、
6連勝を狙う今回。

菊花賞3着と言う実績があるので距離は問題なさそうですが
マークがきつくなることが予想されますので
不利なく競馬が出来るのかがカギとなってきそうです。


キタサンブラック

次に昨年の菊花賞馬キタサンブラックです。

キタサンブラックは演歌歌手の北島三郎さんが馬主ということもあり有名で、
今回も京都競馬場で「まつり」が歌われるのか楽しみにしている人も多いと思います。

菊花賞の戦前は日本ダービーの大敗に加え
母父がサクラバクシンオーと言う事もあり
低評価に甘んじていました。

しかし、内から伸びリアルスティールとの接戦をものにしましたので
ファンの皆さんは距離については大丈夫だと判断する人も多いことだと思います。

しかし、今回は菊花賞から更に200m距離が延びることに加えて
うまくコースロスなくレースが出来るのかが少し不安には思いますが
十分チャンスはあると思います。


トゥインクル

最後に穴馬としてトゥインクルに注目したいと思います。
おそらく今回は10番人気以下になることが予想されますが
実は私はこの馬こそが穴馬と期待しています。

その理由は父ステイゴールドにあります。

実は2013&14年のフェノーメノ、
そして昨年のゴールドシップとステイゴールド産駒が3連勝しているのです。

又、昨年のステイヤーズステークス3着、
そして今年のダイヤモンドステークス優勝と
長距離がこの馬に向いているのではないかと思います。

今回が初のG1挑戦と言う事もあり
軽視されやすいと思いますが一発を秘めた馬だと思います。


以上の3頭を注目馬としてあげましたが
意外な馬の大逃げなど予想外の展開になるかもしれませんので
どのような競馬レースになるのかが今から楽しみです。

メインレースの裏には、取りやすい競馬レースがある場合があります
有名騎手が天皇賞に集まる為、
狙い目レースが生まれることも・・・
(吉崎 佐次郎さんのメールより)


救済馬券セオリー・1.PNG
公式サイトはこちらから

救済馬券セオリー
競馬歴25年、回収率150%の藤崎優哉が
的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開
公式サイトはこちらから


発行者:吉崎 佐次郎

救済馬券セオリー 詳細